準防火地域

準防火地域にお住いの方は、結構リフォームにも制限をされてしまう事が有ります。

例えば窓の部分等が有名な所ですね。

今回はそういった、準防火地域での窓のリフォーム制限についてご紹介致します。

リフォームで後悔したくなくて色々調べているあなたへ自宅のリフォームをした後で「失敗した」と後悔しない為に大事なのは【信頼して工事を任せられる業者】に出会う事。 これさえ出来れば不安なくリフォームを進められます。

≫ 柏市で「地域で信頼されている」評判の良いリフォーム業者とは?

準防火地域の窓のリフォームは燃えない素材が前提です

準防火地域では、延焼の恐れがある部分に開口部には防火戸を設けなくていけないと、建築基準法で決められております。

準防火地域の炎症の恐れのある範囲にかかっている外壁に取り付ける窓は、燃えにくいサッシの素材と網入りガラスを使う事が鉄則とされております。

準防火地域では窓ガラスも燃えにくい物を選ばなくてはいけない

その為、準防火地域に建っている建物に窓ガラスは、網入りガラスを採用しております

網入りガラスは閉所感と苦痛さを感じるという事で、入られている家主さんとっては、とても苦痛です。

その為、新築の際は網入りガラスで仕方なとしても、リフォームの際に一般的な透明ガラスに変えたいと思うお客さんは非常に多い傾向があります。

そこで注目されるのが、防火ガラスという商品です。

防火ガラスをサッシに入れ替えれば、網入りにする必要は無いのでは、という考えです。 確かに、防火という名称が入っているガラスですので、延焼の恐れがある地域でも使えそうなニュアンスにも聞こえます。

しかし、残念ながら準防火地域の延焼の恐れのある範囲には、該当しません。

窓ガラスだけ防火性が高くてもダメ

準防火地域の窓は、サッシガラスが一体になった物という1つの商品として、個別認定を受ける必要があります。

サッシとガラス、この2つは2つで1つと捉えるのが条件、という事となります。

サッシと網入りガラスは、2つで1つの個別認定を受けているので、準防火地域に使えるという事に該当します。

ガラス単体で防火に富んでいる物があるからと言っても、サッシとの組み合わせで個別認定を受けていない限りは、いくら防火性に富んでいても、準防火地域では使う事が出来ません。

準防火地域の窓の種類は一択しか無い

これらの話の流れから考えると、準防火地域の延焼の恐れがある範囲のガラスは、網入りガラスしか選択肢が無いと言えます。

更に、窓自体も防火性に富んだ窓素材しか使う事が出来ないので、アルミ製か外側アルミで内側が樹脂のアルプラというサッシしか使う事が出来ません。

あくまで外側は金属製じゃなくてはいけないので、一般的な樹脂サッシは使う事が出来ません。
下記にはそういった、

『リフォームで失敗しない為の基礎知識』や『千葉県内で評価が高い施工会社リスト』を掲載していますのでご参考ください。

柏市のリフォーム会社 >柏市のおすすめリフォーム会社リスト&必要知識を確認する

柏リフォーム情報ブログ関連記事: