天井

リフォーム時に天井の事忘れていませんか?

お部屋のリフォームを考えた時に、天井まで気を使われない人が意外と多いです。

たいていの場合は、フローリングや壁、テレビ周辺やキッチン、窓などに力を入れて後回しの方がほとんど。

とても天井まで考える気になれないかもしれませんが、ちょっと拘るだけでお部屋の印象が格段と変わってきます。

天井を構成する要素には、形状と素材があります。
形状は大きく分けて4種類になります。

あなたのお家はどのタイプ?住宅の天井の主な種類

平天井」「勾配天井」「船底天井」「下がり天井」です。
一般的に多い天井は「平天井」でしょう。

この平天井もさらに細かく分けると、天井の支え方によって4種類に分かれます。
「竿縁天井」「格天井」「打上天井(目透かし天井)」「張り天井」に分かれます。

一番良く利用されている天井は「張り天井」になります。

合板やボード等の新建材を天井に施して、その上からクロスを貼る形式の物です。
和室、洋室共に幅広い場所で利用されています。

参考までに竿縁天井は、主に洋室に用いられる形状で、竿縁という細い角材を並べて天井板を支えた形状のものです。日本古来の天井の形で、現在でも和室などに用いられています。

格天井は、格縁(ごうぶち)という太い角材を縦横に組んだ天井です。重厚感がある天井に仕上がり、格式の高い部屋に用いられています。

打上天井(目透かし天井)は、張り天井とも似た仕上がりになり、板を受ける角材が天井裏に設けられているので室内から見ると平らな天井に見えます。

リフォームで後悔したくなくて色々調べているあなたへ自宅のリフォームをした後で「失敗した」と後悔しない為に大事なのは【信頼して工事を任せられる業者】に出会う事。 これさえ出来れば不安なくリフォームを進められます。

≫ 柏市で「地域で信頼されている」評判の良いリフォーム業者とは?

天井もリフォームするのが重要と言われる理由

天井は床や壁と違って、大した役目を担っていないように感じますが、実際は大きな役目を果たしています。

一つは、部屋の熱は天井から2割強失われていくと言われています。
そのため天井には高い断熱性が求められますし、火事の際は火がニ階に上がらない様に防火の役目を担ってきます。

クロスで仕上げる場合は、使用するクロスによって調湿や消臭効果も変わってくるので、生活環境に合わせた物をセレクトする必要があります。

このように天井といっても多様な選択肢がありますので、天井に関心を持って天井に興味を持った方がより良いリフォームを実現できるのではないでしょうか?

下記にはこういった、

『リフォーム基礎知識』や『柏市内で評価が高い施工会社リスト』を掲載していますのでご参考ください。

柏市のリフォーム会社 >柏市のおすすめリフォーム会社リスト&必要知識を確認する