竹垣

人工竹垣って何?普通の物とどんな違いが有るの?

和風なお庭のイメージを引き立てるアイテムの「竹垣」。

竹垣といっても、本物の竹を使用した竹垣は高級品で最近では人口竹垣(グローベン竹)が広く用いられるようになってきています。

人工竹は、AS系樹脂を使用しており、軽量で耐変色性・耐候性に優れた環境対応の素材となっています。
また人工竹は燃焼しても有害物質のダイオキシンを発生しないので、安心してお家のお庭に利用する事ができます。

竹垣というとどれも一見するとどれも同じように見えますが、よく見ると竹の目の向きが違ったりします。竹垣の代表的なタイプとしては4種類あります。

リフォームで後悔したくなくて色々調べているあなたへ自宅のリフォームをした後で「失敗した」と後悔しない為に大事なのは【信頼して工事を任せられる業者】に出会う事。 これさえ出来れば不安なくリフォームを進められます。

≫ 柏市で「地域で信頼されている」評判の良いリフォーム業者とは?

あなたならどれを選ぶ?一般的な竹垣の種類と用途目的

「建仁寺垣タイプ」「みす垣タイプ」「大津垣タイプ」「みす垣タイプ」になります。

もっともポピュラーなタイプは「建仁寺垣タイプ」で、柱・胴縁・押え竹・割竹の構造には竹垣の基本技術が多く含まれています。完全に視線を遮りたい時などに使用されています。

「みす垣タイプ」は、丸竹を格子にして横に積んでいくのが特徴的です。使用する材料によって雰囲気が変わりやすく、和風・洋風のどちらでも利用できる特徴があります。仕切垣としてや目隠し垣、袖垣など幅広い用途で使われています。

大津垣は、丸竹を一本ずつ組み込むんで作られています。交互に重ねた竹の網目が美しく、隙間から見える風景は神秘的な演出となります。竹垣の中では風通りがよいことが特徴的です。

縦すみ垣タイプは、丸竹をたて方向の組子とする縦すみ垣です。比較的細い竹を使用して組み立てており、建仁寺垣より繊細な印象を受ける竹垣となっています。

一般的な竹垣の価格相場はどの位?

一枚の竹垣の幅は、1920mmで高さは900mmや1500mm、1800mmなど用途に応じて選べるようになっています。

価格はタイプによっても異なりますが、1枚30,000円~が一般的で、それに加えて施工費用が必要になってきます。

強風でも耐えられるように施工する必要がありますので、工事の品質も重要になってきます。

お庭のリフォームでこうした竹垣も活用すると、開放的で居心地のいいお庭になりそうですね。

下記にはこういった、

『リフォームで失敗しない為の基礎知識』や『千葉県内で評価が高い施工会社リスト』を掲載していますのでご参考ください。

柏市のリフォーム会社 >失敗しない為のリフォーム知識&柏市で評判が良い会社3選を確認する