坪庭

↓下記の目次タップで各項目へ飛びます

【坪庭の魅力】

最近にわかに人気のある間取りに「坪庭」があります。
建物と建物の間や敷地の一角にあるお庭で、一般的に小さいお庭になります。
室内からの景観がよく、建物の品格を向上させてくれます。
坪庭の国内有数の所在地として「京都」があります。
京都は戦火を免れた事もあり、昔の建物が多く残っています。
「京町家」と言われる特徴的な間取りが存在します。狭い間口に長い奥行き、狭い家だなと思って中に入ると、奥行きがあり、狭さを感じさせない特徴があります。間口が狭い理由には、昔は通りに面した間口の広さに応じて、税金を搾取されていたため、節税のために間口を狭くしていると言われています。
また多くの町家は、長屋形式で何件も家が繋がって、壁を共有しています。その結果、通風性、採光性が悪くなります。この悪材料をカバーしているのが「坪庭」になります。光、風を取り入れ、家の中にいながらお庭の植物で四季を感じることができます。
完全プライベートなお庭で、情緒にしたることができます。このプライベート的、採光性の特徴を活かして、積水ハウスなどのハウスメーカーも積極的に「坪庭」を採用しています。
既存住宅でも、耐震性や広さを確保できれば坪庭の制作は可能です。

リフォームで後悔したくなくて色々調べているあなたへ自宅のリフォームをした後で「失敗した」と後悔しない為に大事なのは【信頼して工事を任せられる業者】に出会う事。 これさえ出来れば不安なくリフォームを進められます。

≫ 柏市で「地域で信頼されている」評判の良いリフォーム業者とは?

【坪庭のメリット】

通常のお庭は、郵便の配達や近所の人の目に触れますが、坪庭はそうした心配がありません。
お家の全面改修する時などにご参考ください。
また生活に余裕のある方は、和室やトイレルームに設ける足元ウィンドウ(室内下方の小窓)からちょっとしたお庭が見えるように細工しておくとおもしろいです。
立っている時は気付かないのですが、座ってみると外に違う風景が映って、癒しを与えてくれるという演出です。庭の管理にあまり手がかからない工夫ができればベストですね。

【坪庭の欠点】

坪庭の欠点としては、建物壁面の面積が増えて、掃除がすこし大変になります。
また開口部が増えるので、断熱性の検討も必要になります。
家の中に居ながら日本の四季を感じられる坪庭、素敵ですね。

下記にはこういった、

『リフォーム業者に騙されない基礎知識』や『千葉県内で評価が高い施工会社リスト』を掲載していますのでご参考ください。

柏市のリフォーム会社 >失敗しない為のリフォーム知識&柏市で評判が良い会社3選を確認する