トイレ

和式トイレを洋式トイレにする時格安な「アダプター」

和式トイレを洋式トイレに変更するリフォームには、いくつかパターンがあります。
本格的に便器を入れ替える方法や、和式便器に洋式風のアダプターを設置して洋式トイレに変更する方法、陶器製の洋式トイレ部品を継ぎ足す方法があります。

一番安心できる内容としては、便器そのものを洋式便器に交換する方法です。

しかし、和式便器から洋式に変更するにあたっては排水管の工事や床の段差を解消するための工事等大掛かりな内容となり、安くても20万円を超えてきます。

なるべく費用を抑えて、和式から洋式に変更するには専用のアダプターを使用して変更する方法が妥当と考えられます。

リフォームで後悔したくなくて色々調べているあなたへ自宅のリフォームをした後で「失敗した」と後悔しない為に大事なのは【信頼して工事を任せられる業者】に出会う事。 これさえ出来れば不安なくリフォームを進められます。

≫ 柏市で「地域で信頼されている」評判の良いリフォーム業者とは?

コストを抑えて洋式便器に交換できる「スワレット」

このアダプタータイプはいくつか種類があり、アダプター自体の材質も樹脂製から陶器製といろいろです。

一時的な使用ならまだしも、家族が日常的に使用する場合は陶器製が妥当だと考えられます。

TOTOから販売されている「スワレット」という製品が代表的な製品1があります。

ホームセンターなどで販売されているアダプタータイプと異なり、意外と本格的な洋式便器へと変身することができます。

アダプター部分にも洗浄水が流れるように設計されているので、汚れが付きにくい特徴があります。

また機種によっては、ウォシュレット・ウォームレットを取り付けできるので、冬でもお尻が寒くありませんし、大便をした後も清潔感を保つ事ができます。

取り付けも比較的容易なことから、和式便器から洋式便器へ使用変更する際の有力なアイテムとなっています。

当たり前だけど…一般の洋式便器へのリフォームと比べた時の注意点やデメリット

但し、和式便器の上にアダプター等を設置するので、便座の位置が高くなります。

そのためトイレの床に台を設置する必要があり、掃除等でひと手間かかってしまうデメリットはあります。

取り付け工事費を入れて5~15万円程度あればスワレットは設置できるようです。

スワレットは、全ての和式便器に対応しているわけではありませんし、ウォシュレット機能等を利用するにあたっては電源が必要になります。

専門のリフォーム店さん等に相談して、取り付けてもらった方が安心できますよ。

下記にはこういった、

『リフォームで失敗しない為の基礎知識』や『千葉県内で評価が高い施工会社リスト』を掲載していますのでご参考ください。

柏市のリフォーム会社 >失敗しない為のリフォーム知識&柏市で評判が良い会社3選を確認する